AmazonPrime(アマゾンプライム)ビデオという動画配信サービスをご存知でしょうか?AmazonPrimeに加入すると色々な特典があり、そのうちの一つがこのプライムビデオです。

今回は我が家で鑑賞してきたプライムビデオの映画の中から、幼児向け〜小学生低学年くらいまでのお子さんにおすすめな映画を7つ紹介します。

家族みんなで楽しめる作品、クリスマスの時期に定番の作品、大きなTV画面で観たい人向けにFire TV Stick(ファイヤーTVスティック)という機器などを紹介します。

Amazonプライムビデオが幼児・キッズにおすすめな理由

テレビをつけっぱなしでついダラダラと何時間も見てしまったり、そこまで見たい訳ではないけれどそれしか放送してないからとりあえず見る、ということってありませんか?

アマゾンプライムビデオなら、好きな時間に好きな番組を好きな場所で好きなだけ見ることができる、定額制の有料動画配信サービスです。年間3,900円(月あたり325円)でプライム会員の特典を受けられるのです。

これを使えばキッズ向け作品を見たい時に見ることができます。定期的に見られる作品が増えているので、この間はなかったけど今日は好きな番組が見られる!ということもあるかもしれません。



また、以下の点もおすすめ理由にあげられます。

  • レンタルを借りに行く・返しに行く手間がない
  • いちいちレンタル料金を気にする必要がない
  • キッズ専用ページに不適切なコンテンツが表示される心配がない
  • まるっと豊富な子供向け番組や映画が一覧で見ることができる(見やすい)

Amazonプライムビデオ「幼児向けオススメ映画7選」

では早速おすすめ映画を7つ紹介します。我が家は未就学児と小学生低学年の子がいますので、体験をもとに幼児〜小学生低学年のお子さんを対象として映画を選んでみました。

映画クレヨンしんちゃんシリーズ

パパママ世代がもしかしたら小学生か中学生の頃からあるアニメかもしれませんよね。それくらい世代を超えて楽しまれているアニメが映画になった作品です。

私は結婚するまではリアルタイムで見たことはなかったのですが、子供が生まれてから一緒に見るようになりました。映画はアニメよりもより深いテーマを扱っていたり、考えさせられる内容だったりと、結構奥が深いです。

特に個人的におすすめな作品は以下の3つです。

  • クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
  • ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
  • オラの引越し物語~サボテン大襲撃~

野原家とカスカベ防衛隊が劇中いい味だしながら、家族や友達について考えさせる作品です。

映画 あたしんち

大手新聞の日曜日版に掲載されていたあたしんちというマンガが原作のアニメ映画です。結構小さい年齢でも楽しんで鑑賞できるので、なんでかな?と思ったのですが、

  • 話しのテンポが適度な速さで飽きない
  • 登場人物の大げさな表情が面白い
  • 身近な存在に(近所のおばちゃんや実家のおじいちゃんおばあちゃんなどに重ね合わせて)感じられる

などが小さな子供でも惹きつけられるポイントとしてあげられます。

母、みかん(主人公)、ゆず、父とそれぞれの仲間たちが送る毎日の生活がとってもリアルです。私は何度も「この母、うちの母そっくり!」と心の中で思ったものですが、そのくらいいにあるあるな人物設定、態度、言葉遣いに共感間違い無しです。

マダガスカルシリーズ

ドリームワークス・アニメーションの作品で、NHKで放送されていたペンギンズはこの映画のスピンオフ作品となっています。

ニューヨークのセントラルパーク動物園からマダガスカルに到着したライオン、しまうま、キリン、カバのキャラクターが、仲間のペンギンたちやワオキツネザルたちと一緒にどうにかしてニューヨーク目指し奮闘するコメディアニメです。家族で笑いあいたい時に観てほしい作品です。


おすすめポイントその1

吹き替え版の豪華な声優陣たちです。ライオンには玉木宏、しまうまは柳沢慎吾、キリンは岡田義徳、カバは高島礼子、ワオキツネザルのキングにおぎやはぎの小木博明、世話役に相方の矢作兼、その他アンタッチャブルのお二人も出ています。

特にしまうまのマーティ役の声を柳沢慎吾さんがされているのですが、これがイメージぴったりなのです。劇中にはアドリブでちょこちょこ名セリフを入れられているので、それを探すのも楽しいですね。

おすすめポイントその2

メインキャラを固める脇役達がとてもいい味出してます。特にペンギンズの隊長はじめとする精鋭部隊のペンギンたちは、毎回主人公の危機をスマートに救ってくれます。そこは見ていてスカっとしますよ。

また、ハイテンションなのにだるい感じがよく表されているキング・ジュリアンというワオキツネザルとその仲間達も、ストーリーに欠かせない脇役です。むしろこの2グループが主人公級の存在なので、スピンオフ作品が生まれるのも納得です。

家族でこの映画を観た時は、子供達も大笑いしながら観ていましたが、それ以上に大人の私たち夫婦がお腹を抱えて笑いっぱなしでした。3まで公開されているので個人的には早く4も制作されてほしいところです。

SING(シング)

こちらは動物たちが歌って踊ってくれるエンターテイメント作品です。吹き替え版も字幕版も両方ともおすすめの理由は、その素晴らしい歌声が聴ける点です。

映像も細かいところまで描かれていてうっとりしてしまいますが、登場人物達の歌声は聴く度に心の中で拍手喝采してしまいます。MISIA、大橋卓弥(スキマスイッチ)、山寺宏一、坂本真綾、そして長澤まさみが歌う声はすっと心に響いてきます。

コアラ役にはマシュー・マコノヒーが担当していますが(どうしてもこの方とコアラの陽気で前向きなキャラが結びつかず、観るたびに役者さんてすごいと思います)、吹替版ではウッチャンナンチャンの内村光良さんが担当しています。

この曲はアマゾンプライムMusic内にサントラで聴くことができるので、もっぱら我が家では朝テンションをあげる時に聴いています。眠たい顔つきの子供達もこの曲を聴くとノリノリです。

カンフー・パンダシリーズ

体を動かすことが大好きなお子さんや、戦いごっこが好きな子にも向いている作品が、このカンフーパンダシリーズです。主人公のパンダがカンフーやっちゃうのですから、まずその発想が面白いですよね。

主人公ポーの字幕版はスクール・オブ・ロックのジャック・ブラック、吹替版はTOKIOの山口達也が担当しています。

コミカルでテンポよく展開が運ぶかと思えば、アジアをイメージさせる自然美の中ゆったりした空間で語り合うシーンもあります。観る人に家族ってなんだろう、自分というアイデンティティはなに?と、シリーズ通して問いかけてくる映画です。

ホームアローンシリーズ

親世代の人で、クリスマス時期にこの映画をよく観た方もいるかもしれませんね。そう、この映画はクリスマスにぴったりな映画なのです。

少年が家を守るために泥棒二人に(少々過激に)応戦する話しは、当時同年代だった私にもかなり印象に残るくらい大ヒットした映画でしたね。1,2,3とありますが、3のみ主人公の俳優さんが違います。どの主人公の少年も可愛くて賢くて、時々、痛そう!と縮み上がってしまいそうなシーンもありますが、それも含めて親子で楽しめる作品です。

見終わった後はほっこりした気分で、クリスマスホームパーティ!なんていかがでしょうか。

モンスター・ホテル

これも是非家族で楽しんで見てほしい作品です。というのも妻に先立たれて娘離れできない超心配症な父の心境、そんな父の愛情に感謝しつつもティーンエイジャーな感情も芽生えてきて葛藤したりイライラしてしまう娘の心境などがよく表されています。終盤に向けてほろりと泣けてしまうくらい、いい映画です。

コントみたいなマシンガントークもあれば、一気に「ど、どうなっちゃうの?!」という展開になったりと、最後まで目が離せません。そしてサブ主人公な男性の吹き替え担当がオリエンタルラジオの藤森慎吾とあって、これがまたぴったりです。

子供はちょっぴり怖いもの、ドキドキハラハラするものにぐっと興味を惹かれるものですよね。そういった意味で、このモンスター・ホテルは幼児向けとしてよく描かれていると言ってよいでしょう。

アマゾンのfireTVstick(ファイヤーTVスティック)ならテレビの大画面で楽しめる

アマゾンプライムビデオはインターネット環境で視聴が可能なサービスです。お持ちのパソコンやタブレット・スマホを通して鑑賞を楽しむことができます。

ですが、テレビの大画面で高画質な映像を楽しみたい!という場合はアマゾンのfireTVStickがおすすめです。

この機器をHDMI端子対応のテレビに挿すと、テレビ画面からアマゾンプライムビデオを視聴することができます。アマゾンの家電&カメラカテゴリ内でベストセラーとなっている人気機器です。

アマゾンプライムビデオだけでなくhuluやNetflix、YouTube、Abema TVなどのコンテンツもTV画面で観られます(アプリをダウンロード)。

新登場の音声認識リモコンを使えば、音声だけで観たい映画をすぐに検索できます。また持ち運びが簡単なサイズですので、外出先(例えばホテルなど)に対応TVさえあればそこでも視聴することができます。旅行に行ったけど、子供が普段と違う雰囲気でぐずっている…なんて時にも活躍しそうですね。

クチコミ・レビューも5つ星中4.5と高評価です。

“やっと買えました。プライムデーで販売されると信じてましたので購入しました。満足してます。子供が、ドラえもんばかり観てますね〜〜”

またまた我が家の例で申し訳ないのですが、以前はパソコンの画面で鑑賞していました。しかし、やはり画面の大きさに限界を感じ、大きめモニターを購入しパソコンにつないで鑑賞することで落ち着いたものです。やはり大きな画面で映画を観ることができるのであれば、それに越したことはないですね。

このStick、便利な機能がついて価格が4,980円とはかなりお買い得ではないでしょうか。

まとめ

これからの季節、クリスマス〜年末年始にかけて家族親戚、あるいは友人ファミリーとホームパーティー…を予定しているご家庭もあるでしょう。大人はゆっくり談笑したいのに、子供達が騒いでなかなかゆっくり過ごせない…なんて時も、アマゾンプライムビデオがあればあっというまに素敵な映画上映の始まりです。

家族そろって楽しい映画鑑賞を楽しんでみてください。